【大学寮への持ち物リスト】子供の新生活準備

息子が大学の寮に入っていますので、入寮時の持ち物や購入したものなどを書こうと思います。

寮に備わっているもの

まずは寮に何があるのか確認しましょう。

息子の寮は次のような感じです。

  • 6畳の一人部屋
  • ベット+布団付き(シーツや布団カバー、枕カバーは定期的に無料で交換可能)
  • デスク+チェア付き

共用施設は次の通りです。

  • キッチン
  • コインシャワー(1回100円)
  • 大浴場(そんなに広くはないが無料。ただし入れる時間が決まっている)
  • コインランドリー・乾燥機(1回100円)

入寮時に用意したもの(家電など)

エアコン以外の家電のほとんどは、大手通販サイトで購入しました。

寮に入る前に息子と電気店に下見に行き、冷蔵庫など大きさを確認したり、必要なものを一緒に考えたりしました。

本当は現地で自分で探して購入すると言っていたのですが、うまく見つけられず、結局は私が通販サイトで注文して、受け取り時間などは息子が配送店と連絡を取り合った感じです。

エアコン

エアコンは購入ではありませんが、1年レンタルのものを使用しています。

これは大学の入寮案内のパンフレットにあった電気店で依頼したものです。

冷蔵庫

冷凍庫付きの2ドアタイプ(90L)を購入しました。

寮に食堂がないので自炊生活になることを考えて、冷凍庫の着いたものを購入しました。

購入時は入寮して間もない頃だったために、自炊のイメージが親子ともにあまり浮かばなかった事もあり、電気店で下見していた90Lの大きさがあれば十分だと思っていました。

しかし、実際に自炊をはじめてすぐに、ん・・ちょっと冷凍庫小さいかなと言っています。

お肉をまとめて買って小分けにして冷凍したり、ご飯を一度に多めに炊いて冷凍したり・・

そのほか冷凍野菜などを多く利用しているために、冷蔵庫よりもむしろ冷凍庫の方が活躍するようです。

とは言え、冷凍庫が大きいものとなると全体の容量も大きなものになるため、そこまで大きな冷蔵庫が必要かどうかは微妙です。

電子レンジ

トースター機能のある電子レンジを購入しました。

冷凍保存していたご飯を温めたり、パンを焼いたり、お湯を沸かす・・とまではいきませんが、お味噌汁用のお湯を温めたりと幅広く利用しているようです。

また、電子レンジ用の蒸し器のようなもの(ルクエを使っていますが)を利用して、お肉や野菜を蒸すなどの調理をしています。

共通のキッチンにはガスコンロもあるのですが、息子はほぼ使用していないようで、ほとんどの食事を部屋で調理していますので、電子レンジは大いに役立っているようです。

炊飯器

3合炊きの炊飯器を購入しました。

1人分だし3合炊ければ十分だと思っていましたが、毎日炊いている訳ではなく多めに炊いて冷凍しているので、5合炊きの炊飯器でも良かったかなとも言っています。

ホットプレート

こちらは購入ではなく、自宅で使用していたホットプレートを寮で使用しています。

入寮後、共用キッチンを利用していないと聞き、電子レンジ調理だけでは不便かと思い、ホットプレートを持って行きました。

ホットプレートがある事で、お肉を焼いたり野菜を炒めたりと調理の幅が少し広がったようです。

浄水器

ポット型の浄水器を購入しました。

お湯を沸かしてお茶などを作れればよいのですが、ガスレンジを使っていないので、浄水したお水で麦茶を作り飲んでいます。

掃除機

ほとんど掃除はしていないようですが、一応掃除機は購入しました。

小型のもので、使いやすさよりも価格重視で選んでしまいました。

しかし、実際はほとんど掃除機をかけていないと言うので、雑巾だけでも充分だったかもしれません。

カラーボックス

大学の教科書を入れるために購入しました。

カラーボックスの上に食器などを置いているようです。

広い部屋ではないので、あまり高さのある家具だと地震が起きた時に倒れてくる可能性があります。

倒れても問題なさそうな高さのボックスを購入しましたが、高さがあるものを用意する予定の方は家具の転倒防止のための工夫をしてくださいね。

突ぱり棒

ハンガーラックなどを置くと部屋が狭くなってしまうため突ぱり棒を購入しました。

洋服をかけておいたり、洗濯したものを干したりするのに使用しています。

6畳の部屋の壁に使用していますので、かなり長いものを使用しています。

ドライヤー

ごく普通のタイプのものを購入しました。

自転車

大学内を自転車で移動しているので、寮に入ってから新たに購入しました。

配送について

ほとんどのものを入寮後に通販サイトで購入しています。

小物だけはスーツケースやリュックなどに入れて持たせたので、入寮時に郵送や引越し業者さんに依頼して運んでもらった物はありませんでした。

大きい家電(冷蔵庫など)は購入店より配送してもらいましたが、息子の寮はエレベーターがなく階段で運ぶ事になるので、購入店によってはその分の配送代がかかる可能性もあります。

だからかもしれませんが、後日寮に行ってみた時に、重そうなおそらく冷蔵庫を1階から階段で運んでいる学生さんを見かけました。

一応、息子には追加の配送代がかかっても出してあげるからお願いしていいよと言ってありましたが、結局、追加の配送代なしで部屋まで運んでくれたようです。

購入時に配送についても確認してあげて下さいね。

おそらく初めての一人暮らしで何も分からないでしょうから。

そのほか必需品

生活に必要なものを全て準備するとなると、かなりの量になります。

寮に入ってからでも購入できる物ですが、土地勘のない場所で必需品を探すのは大変だろうと思い、ある程度の物は入寮時に持たせました。

以下のようなものです。

  • シャンプー・リンス
  • 洗顔フォーム
  • ボディソープ
  • 歯ブラシ
  • バスタオル・タオル
  • 綿棒
  • マスク
  • ティッシュ
  • ハンガー
  • パジャマ
  • 着替え
  • 食器・箸

あるといいかなと思う物

人によっては必要ないものだと思いますが、ご参考までに。

カイロ

入学式の頃はまだ肌寒い日もあります。

場所によっても異なりますが、春服ばかり持たせてしまったので結構寒かったようです。

また、夜も寮の布団では薄くて寒かったそうです。

入寮後に”カイロが欲しい”と言っていました。

高校生の時に私が使っていたカイロをちょっとお腹に貼ってみたら?と使わせた事がありました。

その時の暖かさを思い出したのでしょう。

暖かい服があれば大丈夫だと思いますがかさばりますし、カイロなら荷物になりませんから、念のために持って行っても良いかなと思います。

(現地ですぐに買えますが、お店を探すのに苦労したようです)

電子レンジ用調理器

先にも書きましたが、簡単に電子レンジで調理できるものがあると便利です。

コンビニやスーパーなどの冷凍食品も色々なものがありますが、いつも加工食品というのも心配です。

息子に持たせたのは”ルクエ”ですが、お肉や魚を蒸して調理する事ができます。

生の食材を調理できる方がいいかなと思っています。

主に鶏肉や冷凍野菜を蒸して食べているようです。

ベッドの下に置くレンガのようなもの

ベットの下のスペースを広くするとその分収納スペースが広くなります。

どれくらいのベットの高さかによりますが、少し高さをあげ空間を作るためにレンガのようなもの(何でもいいのですがしっかりとした作りのもの)があると便利かもしれません。

まとめ

1人で頑張っていく子供のために、出来るだけの事をしてあげたいという気持ちと、出来るだけの事を自分でやってほしいという気持ちがいつも戦ってしまいます。

早く現地での生活に慣れるためにも出来るだけ自分で、出来るだけ現地で必需品を購入した方がきっといいのでしょう。

そう思いながらも、これくらいは親が用意しなくてもいいのではないか・・と思うような物まで、入寮時には用意してしまいました。

ちょっと反省もしています。

そのほか入学手続きから大学での費用についてはこちらをご覧いただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました