【マンション売却】私たちが体験した不動産会社の選び方

マンション売却を成功させるために一番大切な事は不動産会社選びです。

では、何を基準に選べばよいのでしょうか。

実際にマンション売却を体験して思った不動産会社の選び方について書いていきます。

不動産会社との契約の種類

まずはじめに、不動産会社とどのような契約を結ぶかについて書いていきます。

マンションの売却を依頼するための契約の種類は次の3種類となります。

カッコ内には誰に売却できるかを書いておきます。

  1. 専属専任媒介契約(不動産会社を通してのみ売却可能)
  2. 専任媒介契約(不動産会社または本人が見つけた人に売却可能)
  3. 一般媒介契約(不動産会社または本人が見つけた人に売却可能・複数の不動産会社へ依頼)

私たちは、2番目の専任媒介契約を結びました。

契約をしている不動産会社を通しての売却か、または私たちの知り合いに買いたいと言う人がいれば直接その人に売る事も可能と言う契約です。

また、レインズに登録され、他の不動産会社でも見られるようになったり、2週間に1度の報告が義務付けられています。

この契約がベストだったかどうかは分かりませんが、後悔している事も特にありません。

不動産会社を選ぶポイント

不動産会社を選ぶ上で大切なポイントは2つです。

  1. 自分たちの求めるサービスを提供してくれるか
  2. 担当者は信頼できるか

1つ目について、私たちが不動産会社に求めていたのは、少しでも高く売ってくれる事でした。

と言いますか、あまりに知識不足だったため他には何も求めていませんでした。

しかし、後から他の不動産会社の事を知る機会があり、もっと調べておけばよかったと少し後悔しています。

2つ目は担当者です。

どこの不動産会社というよりも、むしろどこの担当者を選ぶかの方が大切かもしれません。

この後も書きますが、不動産会社の担当者とは密に連絡を取り合う事になります。

合わないと感じるとそれはストレスのもとになります。

また、もし、ちょっと信頼できないかなという印象を持ったら、もしかしたら買手も同じように感じてしまう可能性があります。

大きなお買い物をしてもらう訳ですから、担当者の印象もとても大切です。

多くの不動産会社に査定依頼しましょう

どこの不動産会社に依頼するかを決める上でも、まず査定を依頼します。

査定は無料でしてくれる会社がほとんどだと思いますので、面倒だと思わずに多くの会社に依頼することをおすすめします。

査定は1社づつ依頼する事も可能ですが、不動産売却一括査定サイトを利用すると、一度に多くの不動産会社へ査定依頼する事ができます。

マンションの売却を考え始めた時、私たちは何も知らなかったので2社にしか依頼しませんでした。

後から思えば、もっと多くの不動産会社から話を聞けばよかったと思っています。

その当時は不動産会社はどこも同じだと思っていたところがあります。

違うのは査定金額だけだと思っていました。

では、なぜ多くの不動産会社に依頼した方がよかったと思っているかと言うと、不動産会社によってサービスや特徴が違うからです。

また、その不動産会社の担当者とは結構長いお付き合いになります。

多くの不動産会社から話を聞き、慎重にお願いする不動産会社を決めたいところです。

不動産会社のサービスや特徴を知る

不動産会社によっては、売却成立時の手数料を割り引いてくれる会社があります。

仲介手数料は、売却価格が400万円以上の場合、

(売却価格✖️ 3% ➕60,000円)➕消費税 が上限と決まっています。

割引額も不動産会社により異なりますから、それだけでも複数の会社から話を聞く価値はあるかと思います。

また、直接的な値引きとは異なりますが、例えば販売活動前にハウスクリーニングのサービスがあったり、引き渡し後の不具合について一部補償してくれるなどといったサービスがある会社もあります。

ハウスクリーニングをしておけば綺麗な状態の部屋を見せる事が出来ますが、個人で負担するとそれなりの支出になります。

引き渡し後のサービスがあるかどうかは、買い手にとって嬉しいサービスですから、それがあるかないかでは見に来る人の印象が変わるかもしれません。

特にこれといったサービスがなかったとしても、例えばその土地に強かったり、顧客が多いという理由で選ぶというのも一つだと思います。

また、買い替えを考えている場合は、買い替え先の不動産を担当している会社にお願いすると今後のスケジュール調整などがスムーズになるかと思います。

実際に私たちも新たなマンションを探している時に、見に行ったマンションの不動産会社の方から、売却も取り扱っていますよと言われた事があります。

信頼できる担当者かどうか

不動産会社の担当者とはそれなりに長いお付き合いになります。

我が家の場合は、媒介契約から約3ヶ月で買手が見つかり契約をしましたが、その後の引き渡しまでの期間を含めると半年間は連絡を取り合っていました。

内覧に来た人とのやり取り、買手とのやり取りも全て不動産会社の担当者を通して行いますので、自分たちの言いたいことや伝えておきたい事を正確に伝えてもらえるかも、この担当者次第となります。

また、通常、個人間の売買では瑕疵担保責任がありますから、売却が成立して引き渡しが終わってからも連絡を取り合わなくてはならない可能性もあります。

瑕疵担保責任とは、一定期間の設備等の不具合に関して、修理代の一部を売主が負担しなければならないというものです。

(こちらは契約次第では免責にする事も可能です)

査定額だけで決めない

出来るだけ高く売りたいという気持ちは誰でもあるかと思います。

しかし、査定を高く出してくれたという理由だけで不動産会社を選ぶのは、ちょっと危険です。

私たちが体験した査定依頼については、別ページで書きますが、査定で出された金額で売り出さなければいけないという事はありません。

そもそも査定額で売れるかどうかは、売り出してみないと分かりません

実際の販売価格は不動産会社の方と相談できますから、もっと高く売り出してみたいとか、早く決めたいので査定より安めで売り出したいなど、希望を伝えてみましょう。

あまりに現実的でない販売価格は受け入れてもらえない可能性もありますが、いろいろな相談をしてみて、本当に信頼できる不動産会社(担当者)を選んだ方がよいと思います。

そのほかマンション売却の流れについてもよかったらご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました