【タイ航空 ロイヤルファーストラウンジ】バンコク空港内

乗り換えで寄ったバンコクでラウンジを利用しました。

乗り換え時間は1時間20分です。

時間がなかったのでラウンジ利用は考えていませんでしたが、ファーストクラスでバンコクに行ったため、係の方が案内してくれました。

それよりもゲートも分からないのに・・と思ってしまいましたが、ラウンジの方に調べてもらい、とりあえず一休みさせて頂きました。

ラウンジの様子


ラウンジの中はとても広く、個室もたくさんありました。

写真の奥は個室です。↓

私たちの他には誰もいませんでした。

個室でもどこでも自由に席を選べました。

時間もなかったので、窓の近くの席に座らせて頂きました。↓

ドリンクも軽食もオーダーするようになっています。

ビュッフェなどはありませんでした。

とにかく乗り換えが気になっていたのでトマトジュースをいただき、すぐにお化粧室へ

お化粧室の入り口がこちらです。↓

思わず間違えてしまったかと思いました。

あまりに広い個室だったので、写真を撮ってしまいました。↓

これは個室内です。

ロクシタンのハンドソープが備えられていました。↓

バンコクからシンガポールへ 乗り換え方法

ファーストクラスでバンコクに到着したので、係の方に案内してもらいましたが、案内がなければかなり迷ったかもしれません。

バンコク市内に出る訳ではありませんので、タイの入国カードの記入は不要です。

もちろん、税関も通りません。

預け入れた荷物もシンガポールまでスルー(経由地で荷物を預け替える必要がなく、シンガポールまで運んでもらえる)でしたので、手荷物検査だけをすればOKです。

その後はゲートへ向かい飛行機に乗るだけです。

手荷物検査では、特に液体について何も言われませんでした。

日本から持ってきた液体に加えて、機内でもらったアメニティにも液体が入っていたのであせってしまいました。

案内係の方に液体はバッグから出すのか?と聞きましたが、何の事?という感じの反応でした。

なので、そのままバッグの中に入れたままで、プラスティックの袋にも入れずそのまま検査しましたが、問題なしでした。

*チェックされる事もあるかもしれません。

その後は搭乗ゲートへ、 近くにタイっぽい感じのものがありました。↓

シンガポール旅行記もよかったらご覧ください。

ファーストクラスの機内の様子はこちらです。↓

【TG683座席】タイ航空ファーストクラスで羽田からバンコクへ
2019年9月24日のフライトです。機内の様子ファーストクラスは全部で9席でした。今回のフライトではファーストクラス利用は4名です。9席のうち7席は1人づつの席です。...
タイトルとURLをコピーしました